自己紹介

1,000万円貯める家計術


はじめまして、けいです。

このブログでは、

  • かんたんに家計簿がつけられるコツ
  • 勝手にお金が貯まる仕組みづくり
  • 初心者でもできる投資の方法

この3つを柱に、家族みんなが幸せになれるお金の貯め方を解説しています。

簡単ですが自己紹介をしますね。

  • 福岡生まれのアラフォー。
  • サラリーマン夫・息子1人・猫と一緒に暮らしてます。
  • 会計事務所・不動産会社勤務後、FPとして独立。
  • FP技能士と宅地建物取引士の資格あり。

 

このサイトでは「結婚後9年で3,000万円貯めた」とお話していますが、私も最初からお金が貯められる体質ではありませんでした。

 

私は2008年に結婚したのですが、その半年後に私が病気になり、会社も休職してしまい、家計は1年で230万円の大赤字になりました。

翌年には主人の会社も不景気のため工場閉鎖となり、転勤することになったため、私も休職状態のまま会社を退職

主人の転勤先でも私は働けず、ずっと家の中で病気と闘っていました。

 

そんな状態が2年続き、ようやく身体も良くなったのですが、気がつけば家計は火の車

 

そこで慌てて、信頼できるFPに相談をしました。

そこで作成された「ライフプラン」を見て、初めて家計の状態を理解出来ました。

 

そこから自分でもお金の勉強をはじめ、どうしたらお金が貯まるのか分かるようになり、少しずつ貯金できるように。

 

それでも、様々な投資を始めては失敗しました。

個別株、外国株、FX、投資信託、金、先物、不動産などなど。

だいたいまんべんなくやりましたが、知らないで始めたものは全て失敗しました。

 

しかしやっと「初心者でも安心してできる投資方法」を知り、それを実践することで1,000万円以上の利益を出す事が出来ました。

 

それが長期投資です。

リスクが少ないため大きなリターンは得られませんが、こつこつと投資する事でいつの間にか大きな利益になっていきます。(もちろん投資商品なので値下がりするリスクもあります)

 

そんな方法を組み合わせながら自分のライフプランと向き合い続けた結果、3,000万円の貯金を達成しました。

 

その間、子どもが産まれなかったので不妊治療も続けましたし、私はずっとフルタイムで働いていません。

主人も工場勤務の平社員です。

主人の給料、私のパート給料、不労所得、資産運用で貯めた金額です。

 

 

これだけ貯金出来た秘密は、

  • 家計簿とライフプランを作って家計をチェックする
  • 自動で貯まる仕組みを作る
  • 初心者でもかんたんな資産運用をする

の3つです。

私の貯蓄術は、この3つを柱としていて、ほぼこれだけで3,000万円貯めたと言えます。

 

 

私はこの方法で、ほぼ無ストレスでお金が勝手に貯まるようになりました。

 

9年間で3,000万円貯めた秘密を知りたい方はこちらから。

結婚の経緯

お互いの資産状況を把握

主人とは知り合って1ヶ月で交際、3ヶ月でプロポーズという超スピーディーな展開。

別にデキ婚でもないのですが、その当時で主人が40歳過ぎということもあって「結婚を前提にした交際」という気分でしたので、私にとっては自然な流れでした。

 

そんな訳で2008年に結婚。

まず最初に、旦那の資産は全て差し押さえました。

 

それぞれで管理する夫婦もいらっしゃいますが、我が家では「私主導」で資産運用を行うことで意見は一致。

ちょっとお金の管理にうとい主人だったので、私が管理して増やす!と断言。

 

また、高齢だったので早く子どもが欲しい、教育資金も貯めないといけない、と焦りがありました。

 

その頃は私もフルタイムで働いていて、共働きならお金も貯まるだろうと思っていたのですが、ある日を境に、世界は一変しました。

 

それがうつ病です。

私がうつ病になり、収支はめちゃくちゃに

わたしがうつになった話

結婚して半年後、会社でのパワハラのため私はにうつ病になりました。

 

仕事は楽しく顧客とも良好だったのですが、真夜中まで残業なんて当たり前、上司の罵声が飛び交う典型的な「ブラック企業」でした。

 

仕事は大好きで続けたい。

でも上司のパワハラは怖い。

そしてお給料もらえないと生活が困る。

 

そんな思いで堂々巡りをしてたから、毎日通勤中は涙が止まらない状態でした。

悲しいわけでもないのに、なんだかいきなりポロンと出始めるんですよね。

あれ?なんか目から水が出てきた?という感じなんです。

それも毎日。

 

多分心よりも身体が拒否反応を起こしていたんでしょうね。

でも当時の私はそれに気づかず、ずっと仕事を続けていました。

 

だって給料が良いから。

他の就職先を考えるなんて大変だし。

そもそも雇ってもらえるか分からないし。

 

そんな思いから毎日頑張って仕事していたのですが、ある日突然、会社で呼吸困難になって倒れてしまいました。

 

そのまま病院へ直行し、そのまま自宅療養を2年間続けました。

もちろん会社も退職扱いになり、その後会社へは一歩も近寄っていません。

(未だに会社の近くを通るだけで動悸がすごく、思い出すこともできません)

 

辞めて正解でした。

「会社辛いな」という心の声に耳を傾けなかったから、身体全体で悲鳴を発したんだなと、今なら分かります。

 

本当に身体が拒否するまえに、自分の心の声に従うことが大事だと痛感しました。

 

なのでその後、怖くて家から出られないし、お金の管理どころか買物すらいけない生活でした。

当時何を食べていたのか思い出せない位です。

なので、この1年間で230万円の大赤字となりました。

(家計簿もつけられなかったので、通帳の増減だけで分かる数字です)

 

また翌年、旦那の会社が不況により閉鎖。

転勤を余儀なくされ、引っ越し費用や新しい場所での慣れない生活のため、翌年もギリギリ赤字。

 

しかしこの時は、まずは治療に専念することを考えていた、というよりも、お金の事など何も考えられない状況でした。

うつ完治に2年かかる

家を出るのは月に1回、病院に通う時だけ。

それも旦那に連れられて車に乗るだけ。

 

そして一日中ノイズキャンセリングのヘッドホンをしていました。

音が怖くてたまらなかったのです。

 

家の中の小さな機械音ですら辛かったのに、外の人の声、クラクション、音楽、すべての音が凶器のように頭の中にグサグサ刺さって、頭の中が壊れそうでした。

掃除機なんてもってのほかだったので、どうやって掃除していたのか本当に思い出せません。

 

そんな生活を続けて2年。

ある日、ふと「一人で外に出てみようかな・・・」と思いました。

 

自分で靴を履いて、家のドアをそっと開けて、車の通らない裏道を歩いて5分の所にある公園まで行きました。

 

ベンチにそっと座って、公園の光や静かな木々の音を感じながら、

 

ああ、世界ってこんな風に優しかったんだな。

 

少しずつ元の世界に戻れた気がしました。

FPにライフプラン表を作成してもらう

ライフプラン表をもう一度作り直しました

2年間で大赤字だった我が家。

これでは危ないと、ようやく信頼できるFPさんのもとを訪れました。

このFPさんは「保険も証券も売らないFP」として活動されていて、ライフプランを作成するのに料金がかかります。

 

だからこそ、我が家の正確な状態と、本当に必要な改善点を教えれくれました。

 

その後、FPさんに作成してもらったライフプラン表を見ながら、改善点などを話し合いました。

 

現在の収入・支出・貯蓄額を見ながら、お互いの夢について再度確認をしていきます。
この時に現実が分かってきますので、「現実可能な夢」を考えられるようになります。

ライフプランを現実に合わせていく

ライフプランを見ながら一緒に夢の再確認をしていきます

ライフプランを作ってもらい、

  • 夢のために必要なお金
  • 毎月の貯蓄額
  • 改善できる支出
  • 自分に合った資産運用方法

これらをしっかりと確認しました。

 

しかし仕事も退職してしまったので、私の収入は0円です。

旦那の収入だけで生活と貯蓄をしていかなければなりません。

 

ただし、完治したとは言ってもまだフルパワーではなく、食事作りもやっとの状態。

なので無理はせずに、毎月の収支は「とりあえず赤字でなければOK!」という低い目標を立てて、日々かつかつの生活を送っていました。

 

ただし、結婚当初からしていた株式投資への積立(月3万円)は続けていました。

お金が貯まる体質にチェンジ

ライフプランを見ながら一緒に夢の再確認をしていきます

お金を貯めるには、体質を変えないといけません。

具体的に行ったことは、以下の記事に書いています。

お金を貯める方法おすすめ5選【9年で3,000万貯めた貯蓄術を公開】

 

この方法を今後コツコツと続けています。

3年目から本気の天引き開始

天引きを本気出して始めました

やっと体調も回復して、パートにも出られるようになり、ようやく我が家の資産運用を本格的に始めました。

 

まずはFPさんに作ってもらったライフプランを基に、固定費を最大限に削減をして、積立を開始。

内訳は、

私のパート代8万円
保険料削減分2万
携帯代削減分2万
主人の給料から3万円

合計15万円

です。

固定費の削減方法については節約せずにお金を貯める方法!固定費を減らして10年で700万円貯めよう!記事をご覧ください。

 

体調が少しずつ良くなってきた3年目。

ようやく家計簿をしっかりとつけられたので、何に費用が出ているのか、どこを見直せば削減できるのかは手に取るように分かります。

月末には、1ヶ月の収支を確認し、予定より多くかかった項目は来月では締めるように調整しました。

 

こうすると、イベントの予定も把握できてきます。

イベントによって大幅に支出が増えても「今月は仕方ない、来月以降で調整しよう」と割り切れるため、安心してイベントにお金をかけることが出来ます。

 

私は完治後、ほぼ毎年海外旅行に行っていますが、いろんな裏技で安くしています。

例えば家族3人での3泊4日の沖縄旅行では、リッツカールトン沖縄に泊まり、BMWのオープンカーでドライブをしても、全部で6万円ほどの支出で済みました。

 

2019年はオーストラリアに5泊7日の予定ですが、子ども含む3名共ビジネスクラスの飛行機代と5つ星ホテルの宿泊費を合わせて、総額10万円で済んでいます。

 

このあたりの詳しい話を知りたい方は、今後発行するメルマガにてお伝えしますね。

4年目からは天引き額は月18万円

積立をしすぎてちょっとストレスに

毎月の収支を確認しながら、天引き額を徐々に増やしていきます。

主人の給料から3万円→6万円に増やし、月18万円を積み立てます。

 

過去の赤字を取り戻そうと、この頃はボーナスは全部貯金で、禁断の主人のお小遣い削減と、かなりストレスがたまる生活をしました。

食費や日用品、光熱費の削減も色々しましたが、ストレスがたまるだけで貯蓄額はそこまで増えませんでした。

 

私には1ヶ月使えるお金を決めて、その範囲内で生活する。

残ったお金は翌月に残すことで、赤字月もまかなえるようなシステムが合っていました。

 

現金でもクレジットカードでも、使うお金を決めておけば使いすぎることもない。

なのでクレジットカードを多用することで、ポイントも貯まるようになりました。

ポイントを貯めるだけでも月1万円は着実に増えるので、クレジットカードおすすめです。(ただし使いすぎに注意)

 

でもその甲斐あって、黒字額はどんどん増えていきます。

株式投資も再開

株式投資を開始しました

当初から株式投資に月3万円ずつ入れていたのですが、更に投資額を増やしていきました。

 

この頃は2008年のリーマンショック後で株価が最低の頃でしたので、「今が積み立て時」と思い、色々なものに投資していきます。

 

2009年(まだ元気だった頃)に購入した銘柄は、

  • パナソニック
  • 三菱ケミカル
  • トヨタ
  • 三菱UFJ

パナソニック以外は黒字になり、同時にドル建て預金も開始しました。

当時は1ドル=83円だったので、今まで持っていたら1.5倍になったのに、1ドル=88円で売ってしまった私。

(当時は1ドル=50円になるという話までプロの間でも出ていたのですよ・・。)

 

2011年からは

  • ANAオリエンタルランド
  • カルビー
  • ひらまつ
  • スターバックス
  • オリンパス

どれも一部上場の安定した企業ばかり。

この頃、「パズドラ」というゲームを作ったガンホーが瀑上げの頃。

株を50万円分を買っていれば1,300万円になるという状態。

毎日見てましたが、チキンの私は手を出せないままそのうち暴落しました。

 

こんなジェットコースターのような株には手を出してない(出せない)のですが、当時はどの株を買ってもお買い得価格。

 

なのでほぼどれも上昇したのですが、問題は売り時が分からない

仕事中なのにスマホで株価をちょくちょくチェックし、トイレで決済など、ちょっとやってはいけないことをだいぶしてました。

個別株に疲れて投資信託へ

個別株に疲れて投資信託へ

ガンホーが怖いと話していた割には、ジェットコースターみたいな株も経験し、売り時を考えすぎてちょっと疲れ果ててしまいました。

 

私はもともと臆病者なチキンのため、「損したくない」気持ちが強すぎるのです。

(の割には後でFXにも手を出しましたが)

 

なのでほったらかし投資術という、株の指標(インデックス)を毎月購入して、上がるまでほったらかすという心理的に楽な投資術を発見。

 

以後、日本株(日経平均)と、アメリカ株(S&P500)のインデックス投資を開始し、以後ほったらかしで運用しています。

その後子どもも産まれ、ライフプランが確定へ

子どもも産まれてライフプラン確定しました

病気が完治後も6年間は子どもが産まれず、不妊治療もしていました。

しかし、子どもも産まれなかったので、このまま2人で生きていこう、と前向きな諦めをした途端に子どもが産まれてくれました。

更に、運命的に良い家にも出会えたため購入し、これでライフプランがほぼ確定しました。

 

最初に作ってもらったライフプランは毎年見直し、途中からはFP資格を取ったので自分で作れるようにもなりました。

 

そんなわけで、9年で増やしたお金は合計3,000万円ですが、純粋な積立貯金はざっくりと1,800万円、投資運用益が1,200万円、という配分です。

さいごに

うつ病になり休職したときは、正直「ああ、人生終わった」と感じました。

人前どころか、家から出る勇気すら持てませんでした。

 

しかし、あれから9年経って、いろんな人と知り合い、家族や友達とも笑いあえるようになりました。

あの時支えてくれた家族には感謝しかありません。

 

私が望むのは、みんなが笑顔でいること。

いくらお金があっても、笑えない人生を歩みたくない。

 

家族が幸せになるために必要なお金と健康を、確実に増やしていきたい。

そしていつまでも笑えるように、人生に悔いを残さないように。

そう思っています。

 

ここまで読んでいただいてありがとうございました。

【広告の配信について】

当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。
広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示するために Cookie(クッキー)を使用することがあります。
Cookie(クッキー)を無効にする設定および Google アドセンスに関する詳細は「広告– ポリシーと規約 – Google」をご覧ください。
また、当サイトは、Amazon.co.jp を宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazon アソシエイト・プログラムの参加者です。
第三者がコンテンツおよび宣伝を提供し、訪問者から直接情報を収集し、訪問者のブラウザに Cookie(クッキー)を設定したりこれを認識したりする場合があります。
【アクセス解析ツールについて】
当サイトでは、Google によるアクセス解析ツール「Google アナリティクス」を利用しています。
この Google アナリティクスはトラフィックデータの収集のために Cookie を使用しています。このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。この機能は Cookie を無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。この規約に関して、詳しくはここをクリック
してください。
【当サイトへのコメントについて】
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用された IP アドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこの IP アドレスを使用することはありません。また、メールアドレスと URL の入力に関しては、任意となっております。全てのコメントは管理人が事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。
・特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
・極度にわいせつな内容を含むもの。
・禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
・その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの。
【免責事項】
当サイトで掲載している画像の著作権・肖像権等は各権利所有者に帰属致します。
権利を侵害する目的ではございません。記事の内容や掲載画像等に問題がございましたら、各権利所有者様本人が直接メールでご連絡下さい。確認後、対応させて頂きます。
当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です