ルンバのコストと寿命は?実際に11年間使って修理にかかった全費用を公開【月833円】

あい子
  • ルンバが欲しいけどどれくらいかかるの?
  • ルンバって何年くらい使えるの?
  • ルンバの修理って高いんじゃない?
  • トータルのコストはどれくらい?

と思われますよね。

私は11年間前にルンバを購入して使い続けましたが、トータルでかかった金額は、なんと11万円です。

なので、月833円でルンバを使ってきました。(しかもまだ現役で使えています)

 

下の表は、本体代と今までの修理費用を足した金額です。

ルンバ570の11年間で実際かかった費用
ルンバ570本体  89,000円

修理1回   18,000円

バッテリー代 3,000円

ーーーーーーーーーーーーーーー

合計    110,000円(11年間)

なんか笑えるくらいにぴったりですが、正真正銘、月1万円(=月833円)しかかかっていません。

たった月833円で、毎日掃除してくれるお手伝いさんを雇ってるのと同じことなので、コスパ最高です。

 

そんなルンバの具体的なコストを計算しましたので、購入の際の参考にしてみてください。

また、今の機種を購入した場合のコストも計算しています。

(※ご家庭の状況と稼働時間によって変わりますことを了承下さい)

 

(追記)

「それでもルンバは高いから買えない!」と思いますよね。

でも今なら、Amazonなら正規品のルンバが2万台で売ってるんです。

生活雑貨 キッチン 日用品 ルンバ606 アイロボット ロボット掃除機 自動充電 ゴミ検知センサー 独自のクリーニングシステム ペットの毛 畳にも R606060

created by Rinker
¥56,628 (2019/10/19 15:19:01時点 楽天市場調べ-詳細)

(※楽天とYahoo!ショッピングだと、同じルンバでも値段が高いので注意)

この2万台のAmazonルンバ、私が9万円弱で買ったルンバ570と、機能がほぼ一緒なんですよね・・・信じられない。

今のルンバが壊れたら、このAmazonルンバを即座に買うつもりです。

 

もしこのAmazonルンバ606が10年使えたら、月233円です。

「ルンバなんて贅沢だ!」という旦那さんがいるなら、

「セブンのコーヒー2杯我慢すれば、毎日掃除してくれるロボットが手に入るの!」と言えば、納得してくれるかも。

もちろん修理費用もかかるでしょうが、それでも月500円以下は間違いありません。

 

「なんでこんなに安いの?」とか「機能は大丈夫なの?」という詳しい話は、【2万円台】一番安いルンバがAmazonで登場!機能はベーシックモデルと同じ【おすすめ】をご覧ください。

 

ルンバのコストを計算すると1日27円

ルンバを購入するということは、自分の掃除する時間を買うということです。

 

掃除機をかける時間が毎日15分なら、1年間で91時間にも!

なんと15日間も朝から晩までみっちり6時間、掃除機をかけていることになります。(そりゃ疲れるはずだ)

 

もしこの掃除機をかける時間で働いたら、時給1,000円なら91,000円。

ルンバの1年間のコストが1万円なら、年間8万円も利益を生む商品です。

なんかの詐欺商品みたいになってますwが、お買い得なんてレベルじゃない。

 

もちろんみっちり働かなくても、月833円で掃除機をかける手間から開放されるんです。

毎朝ポチっと押すだけで、帰ってくる頃にはキレイになっています。

毎朝、子どもが食べこぼしたパンくずや猫の毛を気にしないで良い生活になり、ご飯をこぼしても子どもを怒る必要がないのが最大のメリットです。

 

そして、ルンバをかけると言うと、子どもも自発的におもちゃを片付けてくれるようになりました。

なので、特に意識しなくても、部屋がいつも片付いている。

 

いつも部屋を片付ける時間もない、というワーママには神アイテムです。

ルンバ570の金額は2008年で89,000円

私は、2008年にヨドバシでルンバを購入しました。(当時89,000円)

共働きで、部屋の掃除をする時間はないと思い、結婚直後に即購入。

掃除機なんてかける暇がないので、毎日お昼にルンバが掃除するようにセットしていました。

 

これが正解でした。

私は毎日7~8時に帰ってきて、ご飯を作るので精一杯。

それでも部屋はいつもホコリもなく、キレイな状態を保っていました。

 

なにより疲れて帰ってきたのに、あの掃除機の「ういーーーーーん!」って音を聞かなくて済むのは、ものすごく楽でした。

 

私が買った機種はルンバ570で、当時700シリーズも出ていたのですが、特に上位機種に欲しい機能はなかったので、中位機種である570を選びました。

 

その後、2年ほど使わない期間があったのですが、2014年まで故障もなく、よく働いてくれました。

ルンバの修理費用は11年間でトータル21,000円

ルンバの修理は、有料メンテナンスを1回のみ行っています。

その後、バッテリーだけをamazonで購入しました。

 

それ以外の修理はいまのところ行っていません。

ルンバの有料メンテナンスとは?

ルンバの公式メーカー・アイロボットでは、購入してから1年以上経った機種は、有料メンテナンスをしてくれます。

機種のシリーズによりますが、18,000~24,300円で行っています。

 

「修理だけで2万!?高すぎ!」

と思われると思いますよね。私も思ってました。

でも、有料メンテナンスでは、製品の不具合がどれだけあっても一律で直してくれますし、分解掃除まで丁寧に行ってくれます。

 

あと、ルンバ内のプログラムもアップデートしているようなので、中身だけ新品になったような動きをしてくれます。

そんな有料メンテナンスを私も行いました。

※2019年現在では、有料メンテナンスは廃止され、通常の修理受付になっています。

ルンバの有料メンテナンス(18,000円)で中身が新品のように

ルンバを買ってから6年の2014年。

2年使ってなかったので稼働期間は4年ですが、動く時間が短くなり、掃除があまりできなくなってきました。

これはバッテリーが短くなったなと思い、ルンバ公式サイトのアイロボットサービスセンター(0120-046-669)に電話。

(細かい話ですが、アイロボットサービスセンターはフリーダイヤルなので、電話代を気にせず相談できるのがありがたい)

 

私のルンバの症状を話すと、やはりバッテリーのせいだろうということで、交換をすることに。

この時に、「有料メンテナンス」というサービスがあり、分解清掃から動作確認までしてくれるということで、有料メンテナンスをお願いしました。

手持ちのルンバの箱に入れて、ヤマトで送ります。(着払いです)

その後2~3日でメンテナンスされたので、戻ってくるのに1週間前後だったでしょうか。

そして戻ってきたルンバを動かしてみるとビックリ!

 

動きが今までと明らかに違うんです。

多分中身のアップデートをしているからか、効果的な掃除方法に変わっていました。

 

なので、有料メンテナンスで新品を手に入れた気分でした

ルンバの寿命はバッテリーが1年~6年

ルンバのバッテリーは機種によって違いがあります。

昔の機種は1年~1年半でしたが、今の機種だと3~6年となっています。

  • ニッケル水素電池・・・1年半(ルンバ500シリーズ以前)
  • XLifeバッテリー・・・3年(ルンバ880など)
  • リチウムイオンバッテリー・・・6年(ルンバ690・876・891など)

 

・・・私のルンバのバッテリーは2回交換しただけなので、異常によく持ってくれてたんだなという感想です。

ルンバは機種の生産中止から6年程度でサポート終了

ちょっと悲しい話です。

私のルンバ570は2008年に生産中止しているので、2016年でサポートが終了しています。

なので、今後壊れても、有料でも修理してもらえなくなります。

 

だいたい機種の生産中止から6年前後でサポートは終了するそうです。

販売自体は3~5年くらいはしているので、新製品を購入しても10年ちょっとで修理できなくなるんですね。

 

なので私のルンバが次に壊れた時はどうなるのかを聞いてみたら、意外なことが分かりました

生産中止商品なら新品のルンバに値引(下取り)交換可能

アイロボットサービスセンターでは、今まで使っていた機種が生産中止になった場合には、下取りの提案をしていただけました。

 

私が提示してもらった商品は、ルンバ690・890という、同レベル帯の交換で、下取り額は2~3万円前後。

 

ちなみにルンバは600・800・900シリーズがあり、数字が上がるほど性能(と価格)が上がります。

ただし、ルンバの機種によって有料メンテナンスの金額が違うので注意が必要です。

ルンバ690のコスト計算(有料メンテナンス費用含む)

アイロボットロボット掃除機 アプリ対応 ルンバ690【送料無料】【日本正規品】【メーカー保証】

created by Rinker
¥35,567 (2019/10/20 09:39:02時点 楽天市場調べ-詳細)

ルンバ690は4万円弱での購入が可能ですが、昔より有料メンテナンスの金額が上がっています。

有料メンテナンスの料金は、

  • バッテリー交換なしの場合:19,980円
  • バッテリー交換ありの場合:27,540円

 

ルンバ690は、リチウムイオンバッテリーになっているので、3~6年ほどもつようです。

 

なので、1回だけ有料メンテナンスをして、10年使った場合は、

ルンバ690本体  40,000円

修理1回   27,540円(バッテリー交換含む)

ーーーーーーーーーーーーーーー

合計    67,540円(10年間)

 

年間6,700円ですね。

有料メンテナンスが高くなっていますが、本体代が安くなっているので、トータルの金額は下がっていました。

しかしこの600シリーズはかなり下位機種。

この次の800シリーズ(890)だと、吸引力が600シリーズの5倍になりお手入れも簡単になるんです。

ルンバ890のコスト計算(有料メンテナンス費用含む)

国内正規品 アイロボット ルンバ890 ロボット掃除機 お掃除ロボット ルンバ800シリーズ R890060 Roomba890【送料無料】【KK9N0D18P】

created by Rinker
¥49,449 (2019/10/20 09:39:02時点 楽天市場調べ-詳細)

ルンバ890本体は、50,000円ほど。

有料メンテナンスは

  • バッテリー交換なしの場合:24,300円
  • バッテリー交換ありの場合:33,372円

こちらも600シリーズと同じく、リチウムイオンバッテリーになっているので、3~6年ほどもつようです。

なので、1回だけ有料メンテナンスをして、10年使った場合は、

ルンバ890本体  50,000円

修理1回   33,372円(バッテリー交換含む)

ーーーーーーーーーーーーーーー

合計    83,372円(10年間)

これで年間8,300円ですね。

吸引力は600シリーズよりも5倍ですし、ブラシが絡まりにくいものに変わっているので、お手入れが楽。

毎回、髪の毛が巻き付いていて取るのが大変だったので、こちらの機種の方が毎日のメンテナンスはしやすいでしょうね。

ルンバe5・900シリーズ・i7シリーズは有料メンテナンス廃止

実はルンバは最近、800シリーズと同じ性能の商品であるルンバe5(イーファイブ)を5万円台と発表しました。

今までは800シリーズは7~9万円していたので、半額に近い割引です。

しかし、e5・900シリーズ・i7シリーズについては、有料メンテナンスを廃止しています。

なので、普通の家電と同じく、壊れた時には修理箇所を調べて、見積もりを取ってからの修理、となります。

なので、修理にいくらかかるのか分からなくなり、ちょっと怖いですよね。

でも、私としては、一律いくらよりも、普通に壊れた箇所を修理してもらったほうが実質的に感じられるので嬉しいかな。

でも多分、普通の修理なら、今までと同じくらいの1~2万前後ではないでしょうか。

コスパ最強なのはルンバe5!

アイロボット ロボット掃除機 ルンバ e5 送料無料 日本仕様正規品 お掃除ロボット 洗えるダスト容器

created by Rinker
¥54,868 (2019/10/20 09:39:02時点 楽天市場調べ-詳細)

ルンバe5はメンテナンスではなく修理費用なので、10年の間に1回壊れて、バッテリー交換合わせて3万円かかったとした場合。

ルンバe5本体  50,000円

修理2回   40,000円(予想)

ーーーーーーーーーーーーーーー

合計    90,000円(10年間)

くらいとすれば、年間9,000円。

最新機種なので、サポート期間も長く、安心して使えます。

 

(追記)最安値のルンバがAmazonで登場!【2万円台】

以前は、e5が最強とお伝えしましたが、なんとAmazonで2万円台のルンバが発売されました。

生活雑貨 キッチン 日用品 ルンバ606 アイロボット ロボット掃除機 自動充電 ゴミ検知センサー 独自のクリーニングシステム ペットの毛 畳にも R606060

created by Rinker
¥56,628 (2019/10/19 15:19:01時点 楽天市場調べ-詳細)

(安いのはAmazonだけです。楽天とYahoo!ショッピングは高いので注意)

この2万台のAmazonルンバ、私が9万円弱で買ったルンバ570と、機能がほぼ一緒なんですよね・・・信じられない。

 

e5の方が機能は優れていますが、タイマーとかいらないから最安値でとりあえずルンバを使ってみたい、という方には、Amazonルンバの方がおすすめです。

 

「なんでこんなに安いの?」とか「機能は大丈夫なの?」という詳しい話は、【2万円台】一番安いルンバがAmazonで登場!機能はベーシックモデルと同じ【おすすめ】をご覧ください。

毎月1,200円~でルンバが使える定額制がスタート!【2019年6月8日より】

ルンバが高すぎて買えない、と思う方に朗報です。

ルンバ公式から、ルンバが月1,200~から使える定額制(サブスクリプション)がスタートしました。

これは、

ルンバ定額制の対象機種
  • ルンバ641・・・月1,200円
  • ルンバ980・・・月2,800円
  • ルンバi7+・・・月3,800円
ルンバ定額制の主な内容
  • 契約期間は3年間(36ヶ月)
  • 3年後は自分のものになる
  • 最初の1年間は解約不可
  • 3年間は無償修理(ユーザー過失は1年間)

というもので、最新機種のルンバ980とルンバi7+をいきなり買うよりもお得に使えるプランでした。

詳しくはこちらの記事ルンバの定額制とルンバ本体購入では、総額でどっちがお得?をご覧ください。

ルンバは掃除機ではなく「掃除する自分の時間」を買うイメージ

ルンバは年間1万円かかると言うと、

「毎年、掃除機に1万円かけないから高いよ~」

と思われますよね。

 

でも、

「毎日掃除してくれる人を、年間1万円で雇う」と考えるとどうでしょうか?

年間1万円ということは、月833円で掃除してくれる人を雇えるなんて、破格ですよね。

 

ルンバは贅沢品と言いますが、洗濯機は手放せませんよね。

今更、たらいを持ってきて、毎日手で洗うなんて考えられません。

洗濯機は、自分の洗濯する時間を買っているんです。

 

掃除だって同じではないでしょうか。

毎日15分でも、月833円で掃除機はかけませんよね。

 

ルンバはただの贅沢品ではなく、必要な家電なんです。

たった15分だけど、毎日しないといけない家事から1つでも開放される。

それなら私は、1万円多く働こうと思ってルンバを買いました。

 

また、ルンバを買ったおかげで、家事が一つ減り、夫に「私ばっかり家事をさせて!」というイライラ感が少なくなりました。

 

それだけでも買った甲斐があります。

ルンバを購入するのは公式サイトからが安全

  • ルンバを購入したい!
  • でもどこで買ったら良いの?

と思ったときには、公式サイト(アイロボット)からの購入か、Amazonでも「アイロボット」正規品をおすすめします。

 

あまりに安いルンバは海外輸入品の場合があります。

海外輸入品なら、公式サイトでの修理サポートは一切受けられません。

あまりにも安い場合は、海外製品の可能性があるので、注意して下さいね。

ルンバ公式サイトで15日間のレンタルサービスあり

「それでも高すぎて、いきなりは買えないな・・・」

と思われるなら、公式サイトで15日間のレンタルができますよ。

私が次買おうと思っている800シリーズなら、5,000円(送料・税込)で15日間使ってみることができます。

800シリーズを10年使えば年間コストは1万円ですが、トータル10万円もする買い物なので、5,000円で試せるのは嬉しいですね。

 

まずは試してみてください。

そして私と同じ開放感を持ってほしい。

少しでもストレスのない環境を作って、自分自身の楽しい時間を増やしていきましょう。

生活雑貨 キッチン 日用品 ルンバ606 アイロボット ロボット掃除機 自動充電 ゴミ検知センサー 独自のクリーニングシステム ペットの毛 畳にも R606060

created by Rinker
¥56,628 (2019/10/19 15:19:01時点 楽天市場調べ-詳細)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です