洋服を断捨離してオシャレを楽しむ方法【持っている服をすべて1軍にする】

洋服を断捨離して オシャレを楽しむ方法【持っている服をすべて1軍にする】
あい子
  • 洋服代を節約したいけどオシャレに見せたい
  • 毎日何を着たら良いのか分からない
  • クローゼットがパンパンで大変
こんな悩みがありませんか。

 

毎日会社に同じ服ばかり着ていけない。でも何故か同じような服ばかり買ってしまう。

しかも、洋服を買いすぎてクローゼットに洋服はビッシリあるのに、明日着ていく洋服が見つからない、なんてことばかり。

 

しかし、私は以下の方法を実践するようになってから、「いつもオシャレですね」「洋服はブランドばかりですか?」など聞かれるようになりました。

もちろん私の洋服代は月1万円以内です。

この方法で分かること
  • 手持ちの洋服がすべて1軍になる
  • 着回しができる服だけ買える
  • オシャレに見える

ぜひこの方法で、節約しながらもオシャレを楽しみましょう!

 

洋服を断捨離する方法1:持っている服をすべてチェックする

まず一番大事なことは、自分の持っている洋服を確認することです。

何を持っているのか分からないから、似たような洋服を買ってしまうし、どれを合わせて良いのか分からなくなります。

また、洋服が多すぎて、どれとどれが合うのか、着回しができなくなっていませんか。

まずは、自分が着ているお気に入りの洋服だけを手元に残しましょう。

 

確認方法はとても簡単。

休日を利用して、ささっとしてしまいましょう。

クローゼットの洋服を全部出す

まずは、シーズンごとにクローゼットやタンスの洋服を全部出します。

「えっ!?そんな大変なこと、できないよ!」

と思うでしょうが大丈夫。

この3つに分けて出すだけなので、部屋に広がりすぎません。

 

  1. 2年前から着ていない服を出す
  2. 去年着ていた服を出す
  3. このシーズンで着ている服を出す

 

まずは、手持ちの洋服を3つのグループの山に分けます。

2年前から着ていない服を捨てる

去年から着ていない服手にとってみても「着たい」とは思わないのでしょうか。

そんな服は、残念ながら今後も着る機会は多分ありませんので、これを機会に手放しましょう。

「いや、この洋服は高かったから、捨てるのはもったいない」

という服は、一度メルカリに出してみませんか。

思わぬ副収入になることもあるし、「売れない服=オシャレに見えない」と判断できます。

 

まずは持っている服をすべて1軍にするため、今後着ない服はキッパリと手放しましょう。

※フォーマルなどの特殊な服は当てはまりません。

去年着た服をチェックする

去年よく着ていたけれど、今年は一回も着ていない服ってありますよね。

ちょっと忘れていただけで、今からでも着たい服があれば、1軍に戻してあげましょう。

しかし、今見てもあまり着たいと思えないなら、それは流行でなくなったか、サイズが変わったかの2択ですので、これらの洋服は手放しましょう。

 

「この洋服は好きだったから、いつか着るかも・・」

と思う服は、「今すぐ着てみて、外出できるかな」と考えてみてください。

それができないと思うなら、その服のイメージが自分と合っていない可能性が高くなっています。

思い出の服なら、写真に撮っておくというのも一つの方法です。

 

これで3つの山のうち、「今よく着ている服+去年着たお気に入りの服」だけが残ります。これがあなたのメインの服です。

次はこの洋服をカテゴリーごとに分けていきます。

洋服を断捨離する方法2:定番服と流行服を揃える

クローゼットを整理して残った「今着ている服」の山を、更に

  • 定番服
  • 流行服

の2種類に分けていきます。

それぞれの目安枚数と、着回しをチェックしていきます。

定番服の枚数を決める

まずは、定番服のチェックです。

この定番服を固めることが、節約しつつオシャレに過ごす大事な要素です。

定番服がしっかりしていれば、流行服をちょっとプラスするだけでオシャレな感じは作れます。

 

それでは、残った洋服をカテゴリーごとに分けていきます。

カテゴリー別の目安枚数
  • 定番トップス:5~6枚
  • 定番スカート:3枚
  • 定番パンツ:3本
  • 定番アウター等:3着
  • 流行服:全部で3~5枚程度
このように、それぞれのカテゴリーごとに3枚ずつあればOK。

トップスは「スカートに合う」ものと「パンツに合うもの」でそれぞれ3枚ずつあれば充分です。

 

これだけあれば、例えばトップス3枚×スカート3枚=9パターンの着こなしができますよね。

同じようにトップス3枚×パンツ3本=9パターンになるので、全部で18パターンに。

あとは小物と流行服を組み合わせれば、1シーズン充分に使えます。

流行服は3枚程度で大丈夫

流行服は、トップス・スカート・パンツの最低3枚あれば大丈夫。

あとは定番服と組み合わせれば、流行遅れに見えることもありません。

また、定番服と組み合わせられない流行服は、手放していきましょう。

 

これ以外の洋服は必要ないと思えば、組み合わせは頭の中で考えられます。

カテゴリーごとに写真に撮る

今出してみた洋服を、カテゴリーごとに写真に撮っておきます。

これであなたのクローゼットが把握できたので、これから洋服を買う時には、「この写真の服に合うかどうか」で判断できます。

 

洋服の整理をすると、今着られる服がないことにびっくりしますよね。

私も一度クローゼットの整理をしてみて「似たような服だらけで、結局いつも同じ服着ていたんだな」とガッカリしました。

 

でも、整理をしたおかげで、自分が好きなパターンや色、ついつい買ってしまう洋服の種類が見えてきました。

ここまでしたら、足りない洋服が出てきたかと思います。

その足りない服だけを購入しましょう。

こうすれば、不要な洋服を買いすぎる心配もありません。

洋服を断捨離する方法3:アクセサリーを活用する

洋服が定番服ばかりだと、どうしても地味になりがちです。

そこでアクセサリーなどを活用します。

 

アクセサリーといっても、本物である必要はありません。

特に流行りのある大振りなアクセは、プチプラで揃える方がおすすめです。

また、顔周りが華やかになるイヤリングなどもおすすめ。

 

メルカリならアクセサリーも300円から買えるので、いくつか種類を集めておけば、着回しに困りません。

私はメルカリで1,000円くらいのアクセサリーをよく買っています。

※肌が弱い方は、アレルギーなどに注意してください。

洋服を断捨離する方法4:airCloset(エアークローゼット)を活用する



  • 定番服は揃えたけど、着回しに自信がない。
  • いつも同じような服ばかりで、冒険できない。
  • 安い流行服は質が悪くてイヤ

 

という方には、洋服のレンタルはいかがでしょうか。

エアークローゼット
なら、月額6,800円で月3着から借りられます。

だいたい1着につき1万円ほどの洋服が3着届くので、月3万円分の洋服を着られる計算。

好みに合わない時はいつでも交換できるので、予算内でいろんな洋服を着られます。

 

最初に自分のサイズや好きなファッションを細かく記入するので、サイズが合わないという不安もありません。

 

ただし、自分で選べる訳ではないので、「着たことのないタイプの服」が届くデメリットもあります。

しかし、プロのスタイリストさんが選んだ服なので、いつもと違う洋服にチャレンジする機会にもなります。

 

エアークローゼット
はこんな方にピッタリです。

エアークローゼットはこんな方におすすめ
  • クローゼットに自分の好きな服がない
  • 会社にいつも違う服で行きたい。
  • 予算内でオシャレを楽しみたい

 

逆に、こんな方にはおすすめできません。

エアークローゼットをおすすめできない方
  • いつもの定番服を着たい
  • 流行の服は着たくない
  • 冒険したくない
洋服代を節約しつつも、オシャレで楽しい自分でいたいですよね。

ぜひこれを実践して、メリハリのあるファッションを楽しみましょう。

自分に似合う服が分からない方には「マイベーシックノート」がおすすめ

  • 定番服だけだと地味になる
  • そもそも自分似合う定番が分からない
  • 定番の着回しができない

 

こんな方にはこの本がおすすめです。

Oggiエディター三尋木奈保マイベーシックノート 「ふつうの服でおしゃれな感じ」のつくり方 [ 三尋木奈保 ]

created by Rinker

私はこの三尋木さんの本を参考に、自分の定番服を揃えました。

三尋木さんの「ふつうの服でおしゃれな感じ」というコンセプトが大好きで、この本はとても勉強になりました。

そして自分に似合う定番コーデを見つけてからは、洋服選びが格段に楽になりました。

また、季節ごとの定番配色を決めるのも、組み合わせ迷子にはありがたい限りです。

 

節約したらオシャレができない訳じゃありません。

限られた予算でも選択と集中で、自分に合ったオシャレはできます。

ぜひ試してみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です