なぜ貯金できない?お金が貯まらない女性がしてる「5つの悪い習慣」を変える方法

なぜ貯金できない?5つの悪い習慣を変えるかんたんな方法

今月こそは貯金するぞ!と思っても、月末になるとカツカツ・・・。

「自分では頑張ってるのに、何故か貯金できない」としょんぼり。

 

そんなあなたは、もしかしたら以下の5つの事をしていませんか?

  1. すぐ面倒くさいなと言う
  2. 周りの目が気になる
  3. 欲しいものはすぐ買う
  4. イライラすると自分にご褒美
  5. 自己投資する余裕はない

実はこれらの習慣がついていると、お金は貯まりません。

 

私も以前は、こんなことばかり考えていて、お金が貯まりませんでした。

 

でも、これらの悪い習慣を変えると、少しずつ貯金ができる体質になってきました。

具体的には、5つの悪い習慣を以下に変えていきます。

  1. とりあえずやってみる癖をつける
  2. 好きなポイントだけお金をかける
  3. 本当に必要な物かをまず考える
  4. 物を捨ててストレス発散
  5. 自己投資して自分を変える

ぜひこれを読んでみて、お金のたまらない習慣から脱却しましょう!

面倒くさがる女性はお金が貯まらない

面倒くさいという言葉、すぐに口から出てきませんか?

私もすぐに出てきてました。

  • ご飯作るのが面倒くさい。
  • 買い物に行くのが面倒くさい。
  • どこが安いのか調べるのが面倒くさい。
  • もったいないけど止めるのが面倒くさい

などなど。

 

面倒くさいという言葉は、思考停止させてしまいます。

考えたくないので、目の前の商品を、これくらいいいやという気持ちで買ってしまいます。

 

その結果出来上がるのは、中途半端だったり、満足できないものなのに、お金は確実になくなってしまいます。

周りの評価を気にする女性はお金が貯まらない

周りの人の行動って気になりますよね。

  • 同僚が素敵なバックを買ってる
  • あのママはスマホを最新に買い換えた
  • 友達が海外旅行へ行くんだって

 

そんなことばかり目につくと、変わってない自分が気になって仕方がない。

そんな自分を見られたくないからと、周りの目を気にして買い物をしてませんか?

もちろん私もよくしてました。

 

同じ服ばっかりだとどう思われるかな、と思って流行りの服を買いに行くので、自分に似合わない服ばかり増える

周りがブランドのバッグ持っているので、私も値段の高いバッグを買ったり

 

そうやって人の目を気にしすぎると、自分が欲しくないものでも買ってしまい、お金は貯まりませんでした。

すぐ買う女性はお金が貯まらない

お店に行くと、いつも新製品の嵐です。

なのでいつでも欲しいものがたくさんありますよね。

  • かわいい雑貨
  • 素敵な靴
  • おしゃれなバッグ

 

ウィンドウショッピングのつもりが、気がついたらお財布の中はからっぽ、なんてことも。

 

お店側もお客様に買ってほしい!と思うので、あらゆる手を使って、商品を素敵にアピールしています。

 

そんなお店側の情報に踊らされてしまうと、自分が必要でもないのに、何故か買ってしまいます。

ストレスを貯めるとお金は貯まらない

ストレスがあるときって、なんだかイライラして落ち着きませんよね。

こんなに頑張ってるのに、何で分かってくれないの。

ちょっとくらい自分にご褒美あげても良いじゃん。

 

と言って、ついついバッグや洋服を買ってしまったり。

 

もちろんこれを買うために頑張っていた!という物もあります。

でも、あの時ストレスがなかったら、これ買わなかったよな・・・という物も。

 

ストレスはいらない衝動買いをさせてしまう原因です。

 

ストレスの発散方法に買い物をしてしまうと、せっかく貯めた貯金がふわっと消えてしまいます。

 

自己投資しないとお金は貯まらない

毎日が忙しすぎて、したいことが出来ない日々が続きますよね。

 

でもそうやって毎日が過ぎていくと、ずっと同じ状態のまま数年があっという間に過ぎてしまいます。

 

今と同じ仕事をずっとし続けても、楽しくなかったりストレスが貯まる一方で、お給料はあまり増えません。

 

そんな状態の中、むりやり貯金を増やそうとしても、ストレスが爆発したときに一気に使ってしまったりします。

 

いかがですか?この5つの習慣を無意識にしていませんか?

こんな状態のまま、貯金が増えない生活をずっと続けたくないな、と思うなら、次の習慣に変えていきませんか?

5つの悪い習慣を良い習慣に変える方法

5つの悪い習慣を以下に変えていきます。

  1. とりあえず動いてみる癖をつける
  2. 自分の好きなポイントを見つける
  3. 本当に必要な物かをじっくり考える
  4. 物を捨ててストレス発散
  5. 自己投資して自分を変える

 

まずは、ひとつずつ意識して変えていきましょう。

面倒くさいは封印して「とりあえずやってみよう」と言う

めんどくさいという言葉で、自分が満足できる結果は作れ出せません。

 

まずは面倒くさいという言葉を、ぐっと封印してみましょう

 

そして「とりあえずやってみよう」とつぶやいてください。

やる気がなくても、言うだけでOKです。

 

そして、ほんのちょっとしてみる。

 

例えば、本を読まないといけないなら「とりあえず持ち歩く」

仕事しないといけないなら「とりあえずパソコンを開く」

 

したくない時は、それでおしまいで大丈夫です。

 

でも意外に、ほんのちょっとしていると、もう少しやってみようかな?という気持ちになってきます。

 

そんな気持ちになったら「面倒くさい」は引っ込んでいきます

周りを気にしすぎる人は「自分の好きポイント」を見つける

周りを気にして動いてしまうのは当たり前です。

人の目を全然気にしないで生きるのは無理です。

 

私も周りのことばかり気にして生きていたので、外に出るのがイヤでした。

周りの目が気になって、みんなが良い物を持っている、楽しくしている、といつも周りを羨ましく思っていました。

 

でもある日気付いたんです。

  • バッグ買った同僚はいつもお弁当
  • 洋服が好きな後輩は飲み会来ない
  • 旅行によく行く友達の洋服は地味

 

みんなそれぞれ、やりくりしながら「自分が嬉しくなるポイント」にお金を使ってたんです。

 

そのポイントだけに目がいくので、みんなの嬉しいポイントを自分も全部押さえなきゃと思って、勝手に苦しんでいたんです。

 

人は自分のとっても気になる所だけが、瞬間的に記憶に残っているので、他の部分は見えないもの。

 

なので、周りの評価より、自分と家族が楽しいポイントを見つけることにしました。

 

自分の好きポイントを見つけて、そこにお金を使い、他のところはしっかり締めていく。

そうすれば自分に自信も出るし周りが気にならなくなります。

欲しい物が多い人は「それは必要?」と自分に聞く

 

欲しい物は際限なく出てきます。

家から出なくても、スマホの広告で狙ったように自分の欲しい物を見せてきます。

 

そんな「あなたの欲しいもの攻撃」をしてくる社会に対しては、欲しいものと、必要なものに分けるのが効果的です。

 

その商品が本当に必要かどうか考えると、本当に必要なものは意外に少ないことに気が付きます。

 

そして、どうしても欲しい!という気持ちを抑えきれない場合は、以下の2つを試してください。

  1. これは必要なものかな?と自問すること
  2. 絶対その場では買わないこと。

 

今その場では必要だ!と思っても、家に帰って考えたら、意外にそんなに必要ではなかったりします。

 

そして必要だったり、どうしても欲しいものなら1週間後でも買いに行けばいいんです。

 

これを1週間続けてみると、必要かどうか考えるクセがついてくるので、本当に必要なものだけ買えるようになりますよ。

イライラしたときは物を捨てる!

ゴミを捨ててイライラ解消

イライラしたときに買い物に行くと、何でも買いたくなりますよね。

 

でも買い物をするよりも、「今、家の中にあるものを捨てる」方が、スッキリしますよ。

 

家の中は、自分の頭の中と同じで、たくさん物があるとイライラしてしまうものです。

 

なので、目についたいらないものをポイポイ捨てていくと、頭がクリアになっていきます。

 

自分が持っているものが把握できると、足りないものだけ買えばいいし、なにより部屋がキレイになると嬉しくなりますよね。

自己投資するために「10年後の自分」を想像する

なかなか自己投資するって難しいですよね。

 

欲しい物がたくさんあるのに、したくない事のためにお金を使うなんて、二重で苦しく感じます。

 

そういう時は、10年後の自分がどうなっているかをリアルに想像してみてください。

 

10年後が今と同じ状態だと思ったら、どうでしょうか?

例えば、

  • 今と同じ仕事を10年後もしてる
  • 10年後もお金がないと言っている
  • いつもイライラしてる
  • お金が足りるか不安で仕方ない

 

そんな人生でいたいですか?

もし変えたい、と思うなら、それが自己投資するタイミングです。

 

かといって、いきなり毎日10時間も勉強しなきゃ!とか無理ですよね。

 

なので「ちょっとだけやってみる」のがおすすめです。

  • ちょっと気になる本を読む
  • 気になってることをちょっと調べる
  • 勉強会にちょっと参加してみる
  • 無料セミナーを受けてみる

 

特にお金についての勉強は、自分で動かないと出来ないものです。

親も学校も、生きるために必要なお金の事を教えてくれません。

なんとなくお金が足りない、と言い続けるうちに、リボ払いや住宅ローンなどの無理な借金を抱えて、自己破産する人も・・・。

 

そんな人は、最初から無理な住宅ローンを組んでいたり、生活費や教育資金が足りないのに気づかない、という状態だったり。

 

また、ちょっとした買い物をリボ払いにしているうちに、返済不可能なほど膨らんでしまい、弁護士に駆け込み自己破産した知人もいました。

 

お金の勉強は、今からでも遅くありません。

例えばこちらのファイナンシャルアカデミーでは、「お金の教養講座」や「マイホーム購入講座」などが無料で受講できます。

 

毎日の家計簿がつけられなかったり、マイホームを買おうかと迷っているなら、先に勉強しておくことで、将来、苦しくなる未来を回避する事もできます。

 

将来のお金の不安から開放されたいと思うなら、まずはほんのちょっと行動してみませんか。

一番大事なことは「自分が幸せになる」行動をすること

自分で色々決めているようで、実は、周りがあなたの行動を決定してる事があります。

 

そんな状態が続くと、

  • 本当に自分が好きな事って何だっけ?
  • 自分のしたいことは何だっけ?

というふうに、自分が見えなくなってきます。

 

この5つの悪い習慣を変えることは、「本当に自分がしたいこと」や「楽しいこと」を見つける方法でもあります。

 

周りに流されずに、自分をコントロールできれば、お金のコントロールも出来るようになります。

 

ぜひ5つの悪い習慣を今から変えて、10年後の「なりたい自分」を目指して、まずはほんのちょっと行動してみましょう。


===================
P.S.
こうして私は9年で3,000万円貯めました。
お金の不安から開放されたい方はこちらをチェック
 
===================

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です