【超かんたん】自作手書き「家計簿ノート」の作り方【月5~30分で作れてお金が貯められる!】

ひと月に5分でつくれる「お金が貯まる家計簿」のつくりかた!実例つき
あい子
  • 家計簿をつける時間がない
  • 家計簿のつけ方が分からない
  • 家計簿をつけてもお金が貯まらない

と思っていませんか?

ここでは、月末の5~30分で簡単につけられる家計簿ノートの作り方をお伝えします。

 

けいFP

この家計簿の最初は、

  • レシートはつけない
  • 現金は見ない
  • ノートと通帳だけでOK

 

なのに、

  • 家計簿が簡単につけられる
  • お金の流れが分かる
  • ムダな支出が見えるのでカットできる

と、いいとこ取りの家計簿です。

具体的には、1ヶ月の入出金1行で書き出します。

また、3ステップの順番で細かく付けていきます。

かんたん家計簿ノートのつけ方3ステップの内容
家計簿ノートの作り方
  • 1ステップ:通帳の残高を書く
  • 2ステップ:通帳の入出金を書く
  • 3ステップ:レシートやカード明細を書く

 

家計簿をつける目的は、ムダな支出をあぶり出すためです。

この方法だと、特に固定費のムダが見えてきます。

 

お金を貯めるには、食費などの変動費を頑張る前に、大きな固定費のカットが効果的です。

まずはこの家計簿をつけて、無駄な出費を見つけ出しましょう!

 

※もし、現金やクレジットカードの動きをメインにつけたいのなら、こちらの記事をご覧ください。

【週1回でOK】「ざっくり家計簿ノート」の書き方!予算内でやりくりする方法【現金・クレジットカード用】

 

また、家計簿をつけるのに迷っている方は、家計簿は手書きノートとアプリどっちが良い?あなたにぴったりな家計簿は?の記事を参考にしてみてください。

ノート型の家計簿が向いている人は?

家計簿ノートが向いている人は?

ノート型の家計簿に向いている人は、

ノート型の家計簿に向いている性格
  • 手書きが好き
  • 自分で自由に書き込みたい
  • 市販の家計簿は細かすぎて分かりにくい
  • 電卓をたたくのは苦にならない

上記に当てはまる人なら、ノート型の家計簿はつけやすいかと思います。

 

逆に、ノート型の家計簿に向いていない方はこんな性格の方です。

ノート型の家計簿に向いてない性格
  • 計算は苦手
  • 手書きはおっくう
  • 面倒くさがり
  • 自動で家計簿が出来てほしい
  • かんたんな家計簿アプリが分からない
  • 無料が好き

 

実は、「家計簿が続かない!」という人の多くが、「計算が苦手」とか「手書きがめんどう」という話でした。

そんな方は、ノート型にこだわらず、思い切って家計簿アプリを使ったほうが楽です。

 

あい子
「家計簿アプリもめんどうで使いこなせないよ!」

 

けいFP
大丈夫。今の家計簿アプリは簡単になってて、通帳やカードを登録するだけで、あとは何もしなくても家計簿ができあがる程、とっても使える子なんです。

 

あい子
私みたいなズボラでも使える?
けいFP
大丈夫だよ!私もけっこうズボラだけど使えてるからww

 

私はいろんな家計簿アプリを実際に使ってみましたが、一番楽でおすすめな家計簿アプリは、マネーフォワードMEです。

このアプリは、最初の登録も5分ほどで出来るくらい、とっても簡単なのに、すぐに家計簿が出来上がってしまいます

家計簿アプリを使えばリアルタイムに無駄遣いが見えるので、私は家計簿アプリだけで、月3万円くらい自然に節約できるようになりました。

また、パスワードや指紋でロックできるので、スマホを落としても誰にも家計簿の中身は見られません。

 

細かい作業が苦手な方は、ノートよりも家計簿アプリの方が続きやすいです。

手書きノートとアプリを比較して、どちらが自分に合うのかを思い描いてみてください。

 

くわしい説明や使い方は、マネーフォワードの評判って?メリットとデメリットをご覧ください。

 

家計簿アプリのダウンロードは、こちらをクリック。(無料で使えます)

家計簿マネーフォワード ME
家計簿マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

「かんたん家計簿ノート」ならいつでも始められる

家計簿って、1月や4月の年の区切りから始めようと思いますよね。

でも、そうなると、年の途中からは始めにくい・・・と思ってしまいます。

 

実はこの「家計簿ノート」なら、いつからでも始められます

2月でも6月でも9月でも、「今つけよう!」と思った時からつけられます。

また、さかのぼって前の月をつけることも簡単。

 

なので、年が変わるまで待たなくても大丈夫ですよ。

かんたん家計簿ノートは3ステップ方式

家計簿ノートに必要なのはノートと通帳だけ

この「ノート型の家計簿」は、3ステップで作成していきます。

1ステップ
  • 目標:貯金の増減をチェック
  • すること:通帳の残高を書く
  • 必要なもの:ノート家計簿・通帳
  • 作業時間:月5分

 

2ステップ
  • 目標:お金の流れ固定費をチェック
  • すること:通帳の入出金を書く
  • 必要なもの:ノート家計簿・通帳
  • 作業時間:月10分

 

3ステップ
  • 目標:細かい流れ変動費をチェック
  • すること:財布やクレジットカードの内容を書く
  • 必要なもの:ノート家計簿・通帳・財布・クレジットカードの明細
  • 作業時間:月30分

 

まずは第1ステップを作ってみて、「これなら簡単にできそうだな」と思ったら、第2、第3ステップへと進んでみてください。

【準備】まずはかんたん家計簿ノートの枠線を作る

00073

まずは、罫線だけの真っ白なノートに「形」を作っていきましょう。

見開きで線を6本ずつ、12本の線を書き、左から「科目」「月×12」「合計」の14列を記入します。

この見開き1ページが、1年間の家計簿です。

イメージはこんな感じ

家計簿ノート1ステップ:枠線を書きましょう

「枠を作るのがめんどう」という方にエクセル版とスプレッドシート版も準備しましたので、こちらを印刷しても使えます。

家計簿ノート(エクセル版)をクリックしたらダウンロード出来ます。

家計簿ノート(スプレッドシート版)も公開しています。

※スプレッドシートを使う方は、内容を全部コピーして、ご自身のスプレッドシートに貼り付けてください。このまま入力されると他の方にも見えてしまいます。>-<

かんたん家計簿ノートの1ステップ

通帳の「月末の残高」を書くだけ

家計簿ノートの画像【まずは枠線を作る】

ノート型の家計簿の1段階目は通帳の月末残だけを書き出します。

あい子
え?これだけ?そんなの家計簿と言えるの?

 

けいFP
言えるよ!
だってまずは貯金が増えてるか減ってるかが大事だもん

 

「そんなこと当たり前じゃないの?」

と思うでしょうが、トータルの貯金残や、前月からの増減って、ぱっと分かりますか?

なかなか出てきませんよね。

私も毎日の残高をチェックしていませんし、トータル金額なんてすぐに言えません。

なので、月末に増えているか減っているか、を見えるようにするのが一番大事なのです。

 

一生懸命レシートをつけても、肝心の貯金額が見えてないと本末転倒。

まずは一番大事な「貯金が増えているか、減っているのか」をしっかりと確認しましょう。

通帳残を合計して、前月比を出す

家計簿ノートの画像【1ステップ目は残高を記入する】

全ての通帳の金額を書き出したら、その下に「合計」欄を作り、通帳の合計額を書きます。

そして、更にその下に「前月比」欄を作り、当月△前月の金額を書きます。

 

これで、「当月残は、前月よりも増えたのか減ったのか」を確認することができます。

 

1ステップはこれだけです!

まずはここから始めてみて、「おや、かんたんじゃん♪」って思ったら、次のステップに進みましょう。

 

「うーん、銀行残よりも、まずは現金の支出をチェックできる家計簿がいいな」

と思う方は、こちらの家計簿の方がおすすめです。

【週1回でOK】初心者向けの「ざっくり家計簿ノート」の書き方!予算内でやりくりする方法【現金・クレジットカード管理OK】

【ずぼらでも続く】自作の「家計簿カレンダー」に使った金額を書き込むだけでお金が貯まる【ダウンロードOK】

 

また、書くのが面倒だという方は家計簿アプリを試してみてはいかがでしょうか。

家計簿アプリならマネーフォワードMEが無料で使えて、おすすめです。

 

家計簿は向き不向きがあるので、自分にしっくりくる家計簿をいくつか試してみましょう。

かんたん家計簿ノートの2ステップ

ノート型の家計簿の2ステップは、通帳の動きをつけていきます。

具体的には「給料などの収入」と「家賃や光熱費などの固定支出」です。

※別の口座に移した分は、減ったお金ではないので書きません。

通帳の「収入」を書き出す

家計簿ノートの画像【2ステップ目、前半は収入を記入する】

まず、書き出す収入は、

収入の内訳
  • 夫の給与
  • 妻の給与
  • 子ども手当
  • その他
くらいで大丈夫です。

1ヶ月の通帳を見て、収入欄の金額をチェックして書き出しましょう。

 

そして注意点は「収入合計」欄を作らないようにする事。

 

ここで「収入合計」欄を作ると、「ひと月これだけの金額が入っているんだ」と思うと、気が大きくなります。

 

人は見た数字に引きずられるので、無意識に「これだけ収入があれば、これくらい使っても良いよね」と思ってしまうもの。

 

財布のひもをしっかりとしめるためにも、ここで収入合計を出さないようにしましょう。

通帳の「支出」を書き出す

家計簿ノートの画像【2ステップ目後半は、支出を記入する】

ここも同じように、ひと月の通帳から引き落とされた金額をチェックしていきましょう。

この科目は、人それぞれですが、

支出の内訳
  • 家賃(ローン)
  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代
  • 保険料
  • カード引き落とし
などでしょうか。

クレジットカードで引き落としている人は、カード会社毎に書きましょう。

※この時はまだ、クレジットカードの使った内容までは書き出しません。(大変なので)

家計簿ノートの画像【2ステップ目、現金引き出しはそのまま書く】

また、通帳からの引き出しは「引き出し額そのまま」を書きましょう。

なぜなら、以下の理由です。

引き出し金額をそのまま書く理由
  • 引き出した金額は、だいたい使っていると思うから
  • 財布の中は、月末でそんなに大きく変わらないから
  • 財布の中身までチェックするのは大変だから
なのでここでは、とりあえず引き出した金額を「全部使ったもの」として計算します。

 

※ただし、他の通帳に入れ替えているものは、書き出しません。

ここは「使った金額」を書き出す欄なので、引き出して他の通帳に入れている金額は書き出さないようにしましょう。

支出合計と収支の欄は一番下に書く

支出の書き出しが終わったら、合計額を出して、収支を計算します。

家計簿ノートの画像【2ステップ目の下部分は空欄にしておく】

その場合の注意点は、「支出合計」と「収支」の欄は、一番下に書くということです。

 

そうなると、支出の欄の空白が大きくなりますが、ここは3段階に進む場合の空白です。

家計簿ノートの2ステップで分かること

これだけ書き出すと、収入がいくらなのか、毎月の支払い額が、はっきりと見えてきます。

この「見る」というのが大事で、このために家計簿をつけていると言っても良いくらいです。

 

なぜなら、「人は、見た数字に引きずられる」から。

家計簿の数字を見ることで、「うわ、毎月こんなにお金がかかっているんだ」と思うことで、来月から無意識にブレーキをかけるようになります。

特に、収支額がマイナスになった場合は、どの科目が多く使っているのか、それは必要なものだったのか、を考え直すきっかけになります。

 

特に大事なのは「固定費」です。

固定費のチェック点
  • 住宅ローンは高すぎないか
  • 保険をかけすぎてないか
  • 携帯代は安く出来ないか

といった具合に、どこで多く使っているのかが一発で見えてきます。

 

引き出し(生活費)はそんなに変わらないのに、毎月カツカツ・・・というのなら、固定費が高すぎるかもしれません

保険の見直しや、住宅ローンの借り換えなどをしてしまえば、一気に黒字になる場合もあります。

 

食費や雑貨代を1,000円減らすよりも、一気に2~3万円減る科目がないかを考えましょう。

 

携帯代は格安SIMがおすすめです。初心者でも今使っているiPhoneのままで、月1,000円台になる場合も。

ちなみに私はLINEモバイルで、半年間は月300円で使っています。

詳しくは【今使ってるiPhoneでもOK】LINEモバイルなら携帯の基本料金が本当に月300円に!をご覧ください。

 

また、住宅ローンの借り換えなら、住宅ローンの借り換えどこがいい?「金利が低い」だけで選ぶと失敗する理由とは?を参考にしてみてください。

 

ここでしっかりと、「うちの家計は、○○が多いなー」とか、「意外に△△の費用は少ないな」などの感想を持つことが大事です。

この感想を持たないで家計簿をつけているだけだと、お金は貯まりません。

 

家計簿をつける意味を思い出しましょう

家計簿は「お金を貯めるための手段」です。

家計簿をつけて満足するのではなく、家計簿をつけてからが勝負です。

 

この家計簿が、自分の家のプロポーションです。

ダイエットであれば、どの部分に脂肪がついているのか、重点的にどこを減らしてダイエットするのかを考えるのです。

痩せているところをこれ以上減らすよりも、脂肪のついている部分を見つけて減らす方が楽ですよね。

 

あなたの家計の減らせる部分を見つけましょう。

かんたん家計簿ノートの3ステップ

家計簿ノートの画像【3ステップ目は現金・カード支出を記入する】

3段階目で分かることは「変動費の使いすぎを見つける」ことです。

なので、財布やクレジットカードの明細を見て書き出します。

しかし、3段階目からは自分のしたいところまでする、で構いません。

 

段階的に面倒くさくなります(笑)ので、どこまで把握したいのかを自分で選んでください。

大きな金額だけを取り出して書く

レシートやクレジットカードの明細から、○○円以上の金額だけを書き出す方法です。

これも「1万円以上」や「5千円以上」など、自分の知りたい金額だけを書き出します。

 

その際に、引き出しやカードの金額を修正します。また、色を変えるなどすると分かりやすくなります。

レシートを科目別に分ける

正直、ここまではお勧めしませんが、食費合計や日用品の合計が知りたい場合は、科目別に分ける必要があります。

 

レシートやクレジットカードの明細を科目別に集計して、合計額を書き出しましょう。

その際は、引き出し額やカード料も修正します。

 

これでほぼ完ぺきな家計簿の出来上がりです。

家計簿ノートの3ステップ目で分かること

日頃、何にいくら使っているのかが、より正確になります。

特に、突発的に必要だったものや、日頃使いすぎている科目が分かります。

 

変動費が多い原因の一つに、財布の中に入っているお金を無意識に全部使ってしまうという事があります。

変動費が多い人は、財布の中の金額を少なくすることが効果的です。

1週間で2万円など決めて、これ以上使ってはいけない、と思って過ごします。

その間は、クレジットカードを使うのは禁止です。

 

1週間に2万円でやりくりできれば、そのお金の内訳を細かく考えなくてもOK。

クレジットカードを賢く使って年間○万円分のポイントを貯めよう

慣れてくれば、クレジットカードを使ってポイントを貯めると良いですね。

クレジットカードは、上手く使えばお金が増えるおすすめの方法です。

 

例えば、楽天カードを使って私が貯めた楽天ポイントの総数は、127,631円です。

現金支払だと何も貯まりませんが、クレジットカードならポイント(=お金)が貯まっていきます。

賢く使えば、年間○万円くらいのポイントが貯まるスグレモノ。

【年会費無料】主婦におすすめ!ポイントがたくさん貯まるクレジットカード4選を徹底比較!では、ポイントが貯まりやすいクレジットカードを解説していますので、参考にしてみてください。

お金の不安があるなら「お金の無料講座」がおすすめ

  • 家計簿をつけてもお金が貯まらない・・・。
  • どうしたらお金の管理ができるんだろう・・・。

 

そう思っているのなら、ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」を受けてみてはいかがでしょうか。

 

「えーー勉強なんて難しくてイヤだし、そもそも講座を受けるお金がないよ」

と思うでしょうが、この講座は

  • 初心者向け
  • 分かりやすい解説
  • まず自分が何をしたら良いか分かる
  • お金が貯まる体質になれる

 

という内容が、無料で行われています。

 

実際に私も受けてみましたが、

「もっと早く知っていたら、赤字にならなくて済んだかも・・」

と思えるような、しっかりとしたお金の知識を教えてもらえました。

 

お金の大事な話は、誰も教えてくれません。

お金の知識がないままだと、自分のお金はどんどん減ってしまいます。

 

ファイナンシャルアカデミーのお金の教養講座がおすすめな方

お金の講座講座は、こんな人におすすめです。

お金の教養講座がおすすめな方
  • お金の勉強をしたことがない
  • これから投資をしてみたい
  • しっかりとお金を貯めたい
  • 自分の将来を自分で守りたい
初心者だけじゃなく、今投資をしていて、自分の知識に不安がある人にもおすすめです。

お金の勉強をして、「お金の不安がない自分」と「将来、安心できる資産」を手に入れませんか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です