【家計簿が続かない原因は?】お正月から家計簿を始めると失敗する理由って?【いつから始めたら続くのか】

【家計簿が続かない原因は?】
あい子
  • 家計簿をつけるにはやっぱりお正月からよね!
  • でも毎年お正月から始めても続かない・・。
  • いつから家計簿をつけ始めたら続くの?
家計簿のつけ始めって考えますよね。

やっぱりキリが良いお正月や新年度から始めたい!と思う方が多いのですが、お正月から始めた家計簿は、はっきり言って続きません。

 

けいFP
私は家計簿の相談をよくされますが、家計簿は、お正月からつけてはいけません!

家計簿は、中途半端な時に始めるほうが、実は長続きするんです。

 

ここでは、

  • なぜお正月から家計簿をつけたら続かないのか
  • 家計簿をつけはじめる中途半端な時期っていつ?
  • 家計簿を続けて、お金が貯まる体質になる方法

 

をご紹介していきます。

家計簿をお正月(1月)から始めたら続かない理由

キリが良い時から家計簿をつけ始めたいって思いますよね。

年末になると「来年こそは!」とばかりに家計簿がお店に並びますが、1月から家計簿をつける人の大半が挫折します。

その理由は以下の2点です。

  • 1月は特別の出費が多い
  • 1月は1年の中でも特に忙しい

 

1月は特別な出費が多い

1月1日から家計簿をつけるとなると、

  • 帰省費
  • お年玉
  • お土産代

 

など、毎月出てこない特別な出費が多くて、きちんと把握できません。

 

また、いきなり大赤字になる家計簿なんてつけたくないですよね。

1月は1年の中でも出費が多いので、まず大赤字になりやすい月なのです。

 

なので、1月から始めるとテンションが下がり、家計簿をつけたくなくなります。

1年の中でも1月は特別忙しい

家計簿をつけるには、ある程度の時間(と心の余裕)が必要です。

しかし、1月というのは正月はあるわ、冬休みはあるわで、なかなか自分の時間が取れません。

子ども達がうろちょろしてるのに、お金を広げて家計簿をつけていると、イライラが溜まってしまいますよね。

 

なので1月は、家計簿をつけるのに一番向いていない月なのです。

 

それでは、いつから家計簿をつけ始めたら良いのでしょうか?

家計簿をつけるのは中途半端な時のほうが続く理由

家計簿をつけ始めるのに良い時とは、

  • 忙しくない時
  • 特別な行事のない時
  • 月の途中など中途半端な時

 

の3点です。

忙しくない時

子どもの行事や仕事に追われている時は、家計簿のことなんて頭にありませんよね?

でも、「家計簿をつけたいな・・・」と思ったのなら、ちょっとでも心の余裕があるということ。

そんな時が、家計簿を始めるチャンスです。

まずは、心の余裕がある時に家計簿を始めましょう。

特別な行事がない時

運動会や旅行など、特別な行事がある時は、お金が出て行きやすい時です。

特に旅行など、日常と違う動きをすると、お金がいくら出ているのか分かりにくいですよね。

そんな大出費の時に家計簿を始めると、大赤字になりやすく、続けるモチベーションが下がってしまいます。

 

まずは、行事がなにもなく、大きな出費のない普通の日から始めましょう。

中途半端な時は気楽につけられる

お正月や特別な時期から家計簿を始めると、挫折した時には来年までつけられません。

月初めなどから始めると、途中で家計簿をつけなかったら、1ヶ月つけられない!もしくは1年間つけられない!と思ってやめてしまいがちです。

 

なのでまずは、月の途中など、中途半端だと思う時から始めましょう。

もし家計簿がしばらくつけられなくても、思い出した時からでも再開しやすく、練習のように続けられます。

そうして1〜2ヶ月くらいは、練習期間と思って、気楽にすることで、続けやすくなります。

家計簿を完璧につけようと思わないで気楽につける

  • 家計簿は1円単位まで合わせる
  • すべての出費を明確にする
  • しっかりと科目を分ける

 

こんなことを考えて家計簿をつけると、まず挫折します。

 

まずは続けられる環境を作ること。

なので、最初の1〜2ヶ月は、家計簿をつける前の練習をしましょう。

  • 家計簿を毎日見るだけ
  • 家計簿アプリを開くだけ
  • レシートを見るだけ

 

このくらい、ハードルをとことん低くしましょう。

 

1ヶ月くらい、家計簿を見ることに慣れてきてから、できることを少しずつ増やします。例えば、

  • レシートの金額をカレンダーに書く
  • 財布の残高をチェックする

 

これらを少しずつ始めていきましょう。

「お金の管理ができる理想的な私」を想像する

家計簿ノートが向いている人は?

家計簿をつけると思うと、ネガティブになりますよね。

でも、

  • お金を管理できる理想の私
  • お金の不安がなく自信のある私

 

などを想像してみませんか?

こんな姿になりたいな、というイメージを思い浮かべてから始めると、家計簿をつけることは理想の自分になる第一ステップになります。

なりたいイメージを作ると、モチベーションも上がるのでおすすめの方法です。

家計簿をほったらかしでつけるには家計簿アプリが一番

家計簿をつけたいけど、どんな家計簿を始めたら良いか分からない。

という方は、まず家計簿アプリを入れてみませんか。

 

家計簿アプリなら、スマホの中で持ち運べるし、カギのかかった家計簿をいつでも見られます。

  • まずは、家計簿アプリをインストールするだけ。
  • 次は、銀行の登録をするだけ。
  • その次は、お財布を登録するだけ。

 

たったこれだけでも、あなたの家計簿は少しずつ、確実に出来上がっていきます。

 

私はいろんな家計簿アプリを実際に使ってみましたが、一番楽でおすすめな家計簿アプリは、マネーフォワードMEです。

このアプリは、最初の登録も5分ほどで出来るくらい、とっても簡単なのに、すぐに家計簿が出来上がってしまいます

また、パスワードや指紋でロックできるので、スマホを落としても誰にも家計簿の中身は見られません。

 

家計簿アプリを使えばリアルタイムに無駄遣いが見えるので、私は家計簿アプリだけで、月3万円くらい自然に節約できるようになりました。

 

くわしい説明や使い方は、マネーフォワードの評判って?メリットとデメリットをご覧ください。

 

家計簿アプリを入れることで、こんな風に生活が変わります

  • 金を管理できる理想の自分になれる
  • 大きな出費にドキドキしなくて良くなる
  • 無駄遣いが減り、月末にお金が残るようになる

 

まずは無料の家計簿アプリをダウンロードして、理想のあなたに近づきませんか。

 

家計簿アプリのダウンロードは、こちらをクリック。(無料で使えます)

家計簿マネーフォワード ME
家計簿マネーフォワード ME
開発元:Money Forward, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です