楽天証券の投信積立を楽天カード決済ができるように!メリットとデメリットを紹介

楽天証券の投信積立で楽天カード決済が可能に。2018年10月27日から

楽天証券では、2018年10月27日から投信積立の支払で「楽天カード決済」が出来るようになりました

 

これは、投信積立という「貯金をするだけでポイントが貯まる」ということです。

 

楽天ポイントは、商品の購入など何かの支払いでポイントがもらえるので、買物した分お金が減るのが当たり前ですが、投信積立の楽天カード決済は、「お金が増えて、さらにポイントまで増える」という、夢のようなシステムです。

 

最初にポイントをもらえることで投信の手数料がカバーされた上に、投信積立をすることで資産が勝手に増える仕組みを作ることが出来るのです。

 

 

それでは、どのようにすれば楽天ポイントが貯まるのか、メリット・デメリットも細かく解説していきます。

 

また、楽天カード決済では1%のポイントがもらえるのですが、3%の楽天ポイントがもらえる裏技もご紹介します。

 

メリット1:楽天証券の投信積立で楽天カード決済なら購入額の1%ポイントがもらえる

 

今までの楽天証券では、「楽天カードの引落口座」からの引き落とししかできませんでした。

これは単純に「口座の移し替え」のようなものです。

なので、ただの口座の移し替えにポイントはつきません。

 

それが2018年10月27日以降は、楽天カード決済が可能なので、楽天カードで買い物をするのと同様に楽天ポイントがつきます。

 

詳しくは、以下の表で確認ください。

 

00097

 

一番大きなメリットは「楽天ポイントが、積立額の1%もらえる」ことです。

 

しかもこれは「通常ポイント」なので、期間内に何か買わないとと迷うこともありません。

これも大きなメリットだと思います。

 

メリット2:楽天証券の投信積立を楽天ポイントで買えるようになる

 

更に、貯まったポイントで投信を購入できる「ポイント積立」もできるようになります

 

「なら毎月の積立の支払を全額ポイントしたら、お金はいらない!?」

 

と思われますが、残念ながら違います。

 

これは、「年2回まで毎月の積立額に加えて増額の設定ができる」ものなので、今かけている投信をそっくりポイントで購入することはできません

 

でも、貯まったポイントを投信に回せるということは、1%の利益を複利で運用できるということです。

 

ポイントは通常置いていても増えないし、現金化も難しいのですが、投信に回すことで、自動的に1%の利益が出る投信に申し込みをしていることと同じことになります。

 

たった1%かと思われますが、投信は手数料で最初から0.2~1%ほど取られているので、それが残高が減らない状態でスタートできるということです。

 

投信の収益は2~5%あればかなり良い方なので、そのうちの1%は確実にもらえるというのは、他の証券会社に申し込むよりもメリットはかなり大きくなります。

 

メリット3:楽天証券の投信積立で楽天カード決済なら楽天会員のランクも上がりやすい

 

楽天カード決済で楽天ポイントがもらえる以外にも、もう一つメリットがあります。

 

それは、ほぼ確実に楽天会員のランクも上がるということです。

 

どういうことでしょうか?

 

楽天には「ランク制度」があり、獲得したポイントと回数でそのランクが決まります。

 

00096

 

こちらの表のように、「プラチナ」になるためには、

 

条件1:6ヶ月で2,000ポイント以上獲得

条件2:15回以上ポイントを獲得

 

の2つの条件が必要です。

 

積立投信なら毎月5万までは購入可能なので、毎月500ポイント×6ヶ月=3,000ポイント獲得と、条件1をクリアします。

 

条件2は、取引で6回はクリアできるので、残り9回を別の方法※でクリアすれば良いので、意外と簡単にプラチナを維持できるのです。

 

(※残り9回をクリアする一番簡単な方法はETCカードやお買いものマラソンです)

 

お買い物を楽天でよくする方なら、ダイヤモンド会員も夢ではありません。

あと1,000ポイントと24回のお買いものが必要ですが、日用品などを月4回ほど定期的に購入されている方なら、手が届く範囲ではないでしょうか。

 

楽天会員のランクが上がるメリットは?

 

00098

 

プラチナ会員の主なメリットは、

・特別優待セール

・お誕生日に500ポイントプレゼント

 

があります。

 

・特別優待セール

 

特別優待セールは、ダイヤモンド会員とプラチナ会員しか招待されません。

なので、欲しかった商品がこのセールに出ていれば、お得にお買い物が出来ますね。

 

こちらはゴールドやシルバー会員には知らされないセールなので、お得感もかなり大きいです。

 

・お誕生日に500ポイントプレゼント

 

また、お誕生日に500ポイントもらえます。

これは5万円購入した場合と同じポイントなので、これを積立に回したら1.08%の利益を確保できることになります。

 

たかが500円ですが、それを20年間5%で運用できれば、1万6千円になります。

 

カード決済のポイントとは別に1万6千円もらえると思うと、とてもお得な制度ですね。

 

ダイヤモンド会員なら更に楽天クーポンや豪華特典など!

 

ダイヤモンド会員を獲得されたら、プラチナ会員のメリット以上に、ダイヤモンド会員にしかもらえない楽天クーポンや、1年間ダイヤモンド会員を維持した場合には豪華特典が用意されています。

 

どこまで目指すのかは人それぞれですが、楽天クーポンや豪華特典があとちょっとで手に入るならダイヤモンド会員を目指しても良いかもしれませんね。

 

デメリット1:楽天証券の楽天カード決済だと月5万円までしか積立できない

 

楽天カード決済だと良いことだらけのようですが、デメリットもあります。

 

一番大きな問題は、月5万円までしか積立できないことです。

00097

 

NISAだと年間120万円の枠があるので、月10万円積立したいという方もいますが、その場合は今まで通り「銀行引き落とし」となります。

 

しかし、つみたてNISA枠なら月33,333円まで可能なので、月5万円に収まります。

 

ですので、楽天カード決済はつみたてNISA枠を使った方がお得となります。

 

デメリット2:楽天証券の楽天カード決済だとボーナス設定がない

 

これもデメリットの一つですが、楽天カード決済は月5万円以外の増額もできません。

 

なので、ボーナス月に増額したい場合は、銀行引き落としとなります。

 

 

月5万円×12か月=60万円以上の積み立てをしたい方は、(ポイントはもらえませんが)銀行引き落としも併用すると良いですね。

 

デメリット3:楽天証券で投信積立を楽天カード決済よりも3%ポイントが貯まる裏技がある

 

デメリットではないのですが、楽天カードで決済すれば投資残高の1%を楽天ポイントでもらえるのですが、実はある裏技を使うと、3%の楽天ポイントをもらうことができます。

 

これですと3万円弱の積立で毎月1,000ポイント近くもらえることが出来ます。

 

 

3%もらう具体的な方法は、こちらの記事に書いていますので、ご覧ください。

 

つみたてNISAは楽天証券がおすすめ!理由は「最初から3%もらえる裏技商品」があるから

 

 

まとめ

 

まとめます。

 

まとめ
・楽天証券では、2018年10月27日から投信積立の支払で「楽天カード決済」が出来る。

・メリット1:投信積立で楽天カード決済なら、購入額の1%ポイントがもらえる

・メリット2:楽天ポイントで投信が増額して買えるようになる

・メリット3:楽天カード決済すると楽天会員のランクも上がりやすい

・デメリット1:楽天カード決済では月5万円までしか積立できない

・デメリット2:楽天カード決済だとボーナス設定がない

・デメリット3:楽天カード決済の1%よりも多い3%ポイントが貯まる裏技がある

 

 

ぜひ参考にしてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です