楽天証券の投信積立を楽天カード決済ができるように!メリットとデメリットを紹介

楽天証券の投信積立で楽天カード決済が可能に。2018年10月27日から

スポンサーリンク

はるち
  • 楽天証券の積立投信はクレジットカード払いできるの?
  • クレジットカードで払うメリットとデメリットは?
  • お得になる支払い方法はあるの?


こんな質問にお答えします。

 

楽天証券では、2018年10月27日から投信積立の支払で「楽天カード決済」が出来るようになりました

けいFP

楽天カード払いだと「積立をするだけでポイントが貯まる」ので、とてもおすすめです

 

この記事のまとめ
  • 楽天証券では、投信積立の支払に「楽天カード決済」が出来る。
  • カード払いのメリット1:購入額の1%ポイントがもらえる
  • カード払いのメリット2:楽天ポイントで投信が買える
  • カード払いのメリット3:楽天会員のランクも上がりやすい
  • カード払いのデメリット1:楽天カード決済では月5万円までしか積立できない
  • カード払いのデメリット2:楽天カード決済だとボーナス設定がない
けいFP
私も楽天カードを使ってますが、月数千ポイントは貯まっているので、手放せませんよ。

楽天カードは永年年会費無料なので、1枚作っておくと便利ですよ。

メリット1:楽天証券の投信積立で楽天カード決済なら購入額の1%ポイントがもらえる

00097

今までの楽天証券では、「楽天カードの引落口座」からの引き落とししかできませんでした。

これは単純に「口座の移し替え」なので、ただの口座の移し替えにポイントはつきません。

 

それが2018年10月27日以降は、楽天カード決済が可能になったので、「楽天ポイントが、積立額の1%もらえる」ようになりました。

 

しかも、もらえるポイントは「通常ポイント」なので、期間内に何か買わないとと迷うこともありません。

これも大きなメリットだと思います。

スポンサードサーチ

メリット2:楽天証券の投信積立を楽天ポイントで買えるようになる

更に、貯まったポイントで投信を購入できる「ポイント積立」もできるようになります

はるち
なら毎月の積立の支払を全額ポイントしたら、お金はいらない!?
けいFP
残念。全額はポイント払いにはできません。

ポイント払いにできるのは、「年2回まで毎月の積立額に加えて増額の設定ができる」と言うものです。

なので、今かけている投信をそっくりポイントで購入することはできません

 

でも、貯まったポイントを投信に回せるということは、1%の利益を複利で運用できるということです。

はるち
ん?どう言うこと?

 

けいFP

例えば、1万円の投信を買うよね。

もらった1%分の100ポイントを投資に回したら、さらに1ポイント増えるよね。

それを毎月続けていけば?

はるち
100ポイントなのに、さらにポイントがもらえる!
けいFP
福利は、どんどん増えていくので、ポイントもどんどん積立ていくのもおすすめです。

 

ポイントは通常置いていても増えないし、投信に回すことで、自動的に1%の利益が出る投信に申し込みをしていることと同じことになります。

 

たった1%かと思われますが、投信は手数料で最初から0.2~1%ほど取られているので、それが残高が減らない状態でスタートできるということです。

 

投信の収益は2~5%あればかなり良い方なので、そのうちの1%は確実にもらえるというのは、他の証券会社に申し込むよりもメリットはかなり大きくなります。

メリット3:楽天証券の投信積立で楽天カード決済なら楽天会員のランクも上がりやすい

00096

楽天カード決済で楽天ポイントがもらえる以外にも、もう一つメリットがあります。

それは、ほぼ確実に楽天会員のランクも上がるということです。

 

はるち
どういうこと?
けいFP
楽天証券の取引で、楽天会員のランクが上がるんだよ。

 

 

 

上記の表のように、「プラチナ」になるためには、

  • 条件1:6ヶ月で2,000ポイント以上獲得
  • 条件2:15回以上ポイントを獲得

 

の2つの条件が必要です。

 

積立投信を月5万円することで、

スポンサーリンク

  • 条件1:毎月500ポイント×6ヶ月=3,000ポイント獲得でクリア
  • 条件2:月1回の取引で6回はクリア(後9回の取引が必要)15回以上ポイントを獲得

 

と、条件の1・2達成が簡単になります。

条件2の、残り9回をクリアする一番簡単な方法は、ETCカードやお買いものマラソンですね。

 

お買い物を楽天でよくする方なら、ダイヤモンド会員も夢ではありません。

ダイヤモンド会員の条件には、プラチナよりさらに1,000ポイントと24回のお買いものが必要ですが、日用品などを月4回ほど定期的に購入されている方なら、手が届く範囲ではないでしょうか。

スポンサードサーチ

楽天会員のランクが上がるメリットは?

 

00098

プラチナ会員の主なメリットは、

  • 特別優待セール
  • お誕生日に500ポイントプレゼント

 

があります。

・特別優待セール

特別優待セールは、ダイヤモンド会員とプラチナ会員しか招待されません。

なので、欲しかった商品がこのセールに出ていれば、お得にお買い物が出来ますね。

 

こちらはゴールドやシルバー会員には知らされないセールなので、お得感もかなり大きいです。

・お誕生日に500ポイントプレゼント

また、お誕生日に500ポイントもらえます。

これは5万円購入した場合と同じポイントなので、これを積立に回したら1.08%の利益を確保できることになります。

 

たかが500円ですが、毎年もらう500円を20年間5%で運用できれば、1万6千円になります。

カード決済のポイントとは別に、何もしなくても1万6千円もらえると思うと、とてもお得な制度ですね。

ダイヤモンド会員なら更に楽天クーポンや豪華特典など!

ダイヤモンド会員を獲得されたら、プラチナ会員のメリット以上に、ダイヤモンド会員にしかもらえない楽天クーポンや、1年間ダイヤモンド会員を維持した場合には豪華特典が用意されています。

 

どこまで目指すのかは人それぞれですが、楽天クーポンや豪華特典があとちょっとで手に入るならダイヤモンド会員を目指しても良いかもしれませんね。

デメリット1:楽天証券の楽天カード決済だと月5万円までしか積立できない

楽天カード決済だと良いことだらけのようですが、デメリットもあります。

 

一番大きな問題は、月5万円までしか積立できないことです。

00097

NISAだと年間120万円の枠があるので、月10万円積立したいという方もいますが、5万円以上は今まで通り「銀行引き落とし」となります。

 

しかし、つみたてNISA枠なら月33,333円まで可能なので、楽天カード決済はつみたてNISA枠を使った方がお得となります。

スポンサードサーチ

デメリット2:楽天証券の楽天カード決済だとボーナス設定がない

これもデメリットの一つですが、楽天カード決済は月5万円以外の増額もできません。

なので、ボーナス月に増額したい場合は、銀行引き落としとなります。

 

月5万円×12か月=60万円以上の積み立てをしたい方は、(ポイントはもらえませんが)銀行引き落としも併用すると良いですね。

まとめ

まとめます。

まとめ

  • 楽天証券では、投信積立の支払に「楽天カード決済」が出来る。
  • メリット1:投信積立で楽天カード決済なら、購入額の1%ポイントがもらえる
  • メリット2:楽天ポイントで投信が増額して買えるようになる
  • メリット3:楽天カード決済すると楽天会員のランクも上がりやすい
  • デメリット1:楽天カード決済では月5万円までしか積立できない
  • デメリット2:楽天カード決済だとボーナス設定がない

参考にしていただけると幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
LINE登録した方だけが読める限定記事を発信中。

またお金に関する相談も受け付けています。

誰にもバレずに相談できますので、いつでも話しかけてくださいね。

友だち追加


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

FPのけいです。 夫・息子(3歳)・猫の4人暮らし。 結婚後【230万円の大赤字】だったダメ主婦が、9年で【3,000万円】貯めました。 ・かんたん家計簿の付け方 ・無理しない節約術 ・お得なポイ活 ・初心者向けの投資方法 などを発信しています。 LINEもやってます!